援デリ業者とは?3秒で見分ける識別法~援助交際掲示板

最近の若い人はよく“ググる”。そこで、援助交際を調べている人が検索して疑問に思う事が当てよう。それは「援デリ」。きっと初めて見る人は援デリというものが何なのか分からないはず。しかし出会い系サイトや援助交際を利用する人なら必ず知っている事だ。「業者」と呼ばれる事も多い。男性は援デリを避け、女性は援デリに間違えられないよう気をつける。しかしなぜ援デリは嫌悪されるのだろう。そもそも、その正体は何だろう。慣れれば一瞬で援デリ業者と一般女性会員を見分ける事も可能。3秒もあれば可能。ではその援デリについて掘り下げて話していく。

援助交際デリヘル業者の略

援助交際をしているデリヘル業者という事。デリヘル業者が売れないデリヘル嬢を出会い系サイトを利用して派遣し、売るということ。また、個人の援助交際女性の後ろ盾として活動することもある。普通の20代前半や10代の女性は自分で出会い系サイトで買春することに不安を覚える。だから協力者がいると助かる。その流れで援デリ業者に仲介してもらう。援デリ業者が扱う女性は主にこの2パターンの人間。組織的に動いており、スタッフや主犯格の男が1人~数人と派遣されるデリヘル嬢・一般女性が多数という図式になる。

そして援デリ業者は、女性の男性から貰う料金から手数料を引き、女性に金額を渡す。折半から4割くらいは手数料とする場合が多いらしい。その分面倒ごとはすべて援デリ業者の男が背負い込むという形になる。

援デリは犯罪行為

恐らく援デリ業者のおおよそはイメージが付いたと思うが、大事なのは援デリ業者が犯罪者であるということ。無許可の管理売春だからだ。それに出会い系サイト側だった利用されても迷惑業者だから排除したいと思っているし、積極的に排除している。

男性側の不満

なぜ援交をしている男性は援デリを嫌がるかと言うと、「援デリ業者の女性は不満点が多いから」という事が挙げられる。まず可愛いくない。写真と全然違う女性が登場する。それにプレイは蛋白で時間を気にし過ぎている。短時間で終わらせられる。という内容的な不満が多い。きっと援デリ自体が嫌というわけではないのだと思う。くる女性の対応が雑だからだろう。それに援デリ女性はセミプロのようなポジションに値する。だから素人女性を抱きたいと思っている援交男性は本位ではないことになる。そもそも援交自体がグレーな行為であるから、援デリそのものが合法かどうかは関係ないのだろう。

見分け方

援デリ業者は掲示板の書き方が露骨なため簡単に見分ける事ができる。しかも大手の優良出会い系サイトでほぼ共通して同じ特徴があるため本当に容易だ。出会い系サイトの援助交際掲示板に書き込んでいるのは援デリ業者の男性である事もその要因だ。女性は出会い系サイトに触れる事はなく、「打ち子」と呼ばれる男性スタッフがひたすら掲示板に書き込んだり、男性とメールをするのだ。多くの男性と同時にやりとりするため会話の内容が食い違う事がある。

掲示板の書き込み投稿の特徴

援デリを見分ける時は掲示板の書き込み投稿をみれば何とかなる。分かりやすい言葉で言えば「エロ」が前面に出てるかどうかだ。個人援交をしている一般の女性はエロい単語や言い回しを使わない。しかし援デリ業者は風俗業界の人間が打ち子をしているため、平気でエロ単語をバンバン利用する。「私のアソコに…」なんて普通の女性が言うはずもない。

出会い系サイトのアダルト掲示板に何日も連続で投稿している女性も怪しんで良い。全く同じ文章で書き込んでいる女性は特に怪しい。

それにプロフィールがエロいという事も特徴として挙げられる。写真からしてやたら可愛かったらもう援デリの可能性が50%だ。写りが素人臭くないカメラマンが撮ったような写真は当然怪しい。ちょっとしたアイドルのように可愛いプロフ写真も疑うべきだろう。

まとめ~見たら分かると思う

ここなで説明しておきながらあれだが、出会い系サイトのアダルト掲示板を一度見れば分かるものだ。「何か変だな…」と思うだろう。おかしいな?と思ったら援デリ女性である可能性が高い。

利用するサイトをちゃんと見分ける事も大切だ。そもそも出会えない系サイトを利用していたら出会えない。素人が多い出会い系サイトを見ていると、素人女性のプロフィールや掲示板の書き込み投稿の特徴もわかってくるはず。まずはサイト掲示板を利用することから始まるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です