シングルマザーの貧困女性が必死の割り募集~援助交際掲示板

テレビのニュースで貧困問題が増えた。週に一度、池上彰さんが政治の話を分かりやすくしてくれている。世界では経済的格差が広がっているようだ。その氷山の一角は出会い系サイトでも確認できる。全国的に大きなワクワクやハピメなどでも貧困女性がいるのだ。特に今日の日本ではシングルマザーの貧困問題がある。結婚をしてから離婚し、そして我が子を守るために必死に働く女性。安いバイトを掛け持ちし、長時間働く。そしてとうとう本当にヤバイ…となったとき、女性は体を売る。風俗やキャバクラはしたくないが、援女交際をする彼女たちは女戦士にするら見える。

そんなバツイチの貧困シングルマザーがアダルト掲示板で援交募集していた話をする。

「話の分かる人!シンママです」という投稿

バツイチシンママはピンチだった。彼女は1歳と半年の子供を持つ女性。ややふくよかな人で黒いカーディガンにモスグリーンのロングスカートを履いていた。デブというわけではなくポッチャリの部類だろう。愛嬌のある可愛がりたいタイプの女性だった。シングルマザーとだけ合ってしっかしはしていたが、優し過ぎるような気もするから仕事でも人間関係でも頼られ、苦労しそうな女性だと思った。

掲示板では「話の分かる人」という事で、すぐにお金が欲しいからと次の日には会った。

1歳半の子供は親に預けているそうだ。子供を親に預け、母は自分の体を売る。稼ぐためとはいえ過酷そのものだった。

彼女の相談を受ける

シンママは問題が山積みだった。お金が足らない事、これからかかる教育費の事・旦那になってくれる男性パートナーの事。割り切り相手に相談する事は滑稽な話だが相当追い詰められていたのだろう。

割のよいバイトを紹介する

管理人は事情があり、高時給のバイトを知っていたため、その詳細だけを教えてあげた。シンママの彼女にできる事は援交セックスとこうした情報ぐらいだろう。あまり深く関わっても面倒な事になってしまう。クレジットカードの受付のアルバイトを紹介した。あの仕事にはシンママの人もいたし、頑張れば昇給もするし、大変だが儲かるバイトだ。

サクっとH

そしてHを始めた。彼女に割りの良いバイトを紹介するために出会ったのではない。同情はするが援交はしたい。こうしてタップリと女性と話すと総じて気まずくなったりするが恥ずかしくなったりするが、そのあとのセックスはまた一興である。

まとめ~貧困女性には同情する

今回はいわゆる貧困女性との援交セックスだったが、彼女には同情してしまう。深く関わってしまうと自分まで引き込まれると警戒すらした。男の運もあるが、日本で貧困になってしまったのはそれなりに、その人の責任がある。同情はするから援交はしっかりさせてもらおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です