相場条件ってどれくらい?出会い募集で暗黙の了解~援助交際掲示板

出会い系サイトでの相場条件を紹介していこうと思う。恐らく素人でも「ホ別イチゴ」という単語は聞いた事があるだろう。アダルトな世界だから相場条件・料金はしばしば隠語でやりとりされる。しかし援助交際掲示板では避けられない部分。暗黙の了解でちゃんとこちらも相場を知っておかなければならない。むやみに安い料金を提示しても相手にされてないから気を付けた方が良いだろう。料金の交渉は慣れてからが無難だ。また、相場条件を知っておくのは法外な値段で料金を求める援交女性に対抗するためでもある。基本料金で言う女性出会い系会員がほとんどだが、希に分かっていない女性もいる。逆に高い金額でも相応と納得するレベルの高い美女も出会い系サイトには存在したりする。その基準をしっておくのは大事な事だ。

基本相場はホテル代別1万5000円

援助交際掲示板の基本相場はホテル代別で1万5000円。ホテル代は帰り際に援助男性が支払う。ラブホテルでは、大抵2時間や3時間の「休憩コース」で利用が多い。1万5000円は先払いで求める人がほとんど。ヤリ逃げを防ぐためだろう。援助交際女性も警戒はしている。だから求められたら素直に渡そう。金額を目の前で確かめる女性もいる。レジのお札を数えるように上手に数える女性すらいる。そうした女性は慣れているセミプロ的な女性といえる。

また1万5000円はゴムありの金額だ。と言ってもゴムなしでヤラせてくれる援交女性はほとんどいない。希に生がOKな女性は2万円や1万5000円+αで料金を求めてくる人がいる。それはその女性の料金で支払う。

これもまた本当に稀な話だが、美女でスタイル抜群の援交女性がいたりする。そして3万円を求めるのだ。しかしこれは高くても相応な事が多い。考えてもみれば、その美女をソープで抱くとしたら4万円はくだらないだろう。その風俗・ソープだったら?という基準で相場料金を考えると納得がいくし、むしろ安い場合も多い。だから一概に1万5000円以上が高いとは言えない。

激戦区は一番高い

激戦区は基本相場が高くなりやすい。出会い系サイトの援交掲示板も商品の相場料金と同じで買い手が増えれば価格が高騰するものだ。出会い系サイトで激戦区といえば東京・大阪だろう。東京は渋谷・新宿・池袋・吉祥寺・鶯谷・立川・町田など。神奈川の川崎も盛んだ。大阪では梅田・難波が鉄板。料金が高いと1万6000円~2万円ほど。

地方ほど安い

出会い系サイトの援助交際掲示板で地方を検索すると分かるが、地方は援交料金が安い。相場がそもそも安めに設定されている。1万円で本番ができることもある。言ってしまえば本人次第でもあるが、安くなる可能性は地方ほど高いだろう。特に本番でもカーセックスやネカフェでのセックスは安くなる事が多い。

プレイ内容で料金が変わる

援助交際はプレイ内容で当然料金が変わってくる。このあたりは風俗を参考にしてほしい。風俗の料金×0.8ぐらいの料金相場になる事が多い。風俗と比べると料金はやっぱり安くなる。

本番

本番は安くて1万高くて4~5万。一般は1万5000円。

本番以外

本番以外の度合いにもよる。フェラは5000円で手は3000円が一般的でほとんどのプチ援交などは口か手がほとんどだ。それ以外になってくるとかなりマニアックな領域になるためノーマルにするならあまり考えなくて良い。

たとえば“何か”を売ったりする。女性のパンツや汚物の事だ。あとはアブノーマルなプレイ。たとえば〇カトロとか野外プレイやSMなど。あとはハメ撮りをした場合の撮影料を要求される事も多い。ここまでくると相場などは関係なくなってくる。その援交女性次第というわけだ。

まとめ~まずは相場通りに

もしこれから援交を考えているのなら相場でまず経験する事が間違いない。援助交際掲示板のほとんどの案件はノーマルなものでホ別イチゴが最も多い。もし慣れてきて料金を値切りたいと思ったらその時にチャレンジする。あとは金額が相応じゃないと感じた時。それ以外は普通の相場がいいと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です